「Chatty」英語学習お役立ちブログ

【現在:303記事】チャットで英会話アプリ"Chatty"のブログです!楽しく英語を学ぶをテーマにブログ書いちゃいます!

イギリス留学経験、友達半分イギリス人、おまけに彼女もイギリス人な僕が思う「日本人が知らないイギリスの小ネタ10選」

f:id:ChattyApp:20150413180140p:plain
Photo by RL Stars

タイトルの通りです。イギリスに留学しました。一連のカルチャーショックは経験し、色々あってイギリスラブになった僕は日本に帰ってからもイギリス人とばかりつるむ毎日。そうしてると自然と彼女もイギリス人になるわけです。そして近い将来イギリスに住みます。

そこで今回はそんなイギリスラブな僕が、「日本人が知らないイギリスの小ネタ10選」を明かします。

1.物価が高いという迷信

イギリスの物価は安い。イギリスは消費税が20%ではありますが、スーパーに行ったら日本人は物の値段の安さに驚愕します。にんじんは1パック1キロ(一体何本入っているのかわからないレベル)で大体100円くらい、日本で1個100円はするリンゴも向こうでは10個くらい入って100円とか。ビールは安いのだと1缶50円くらいからあります。

食費は頑張れば月1万でもいけます。

2.もも肉よりむね肉が高い

とり肉と言えばもも肉!な日本人ですが、イギリスでは違います。もちろん場合によってはもも肉も食べますが、あ~んまり食べません。むね肉が圧倒的です。だからなのか、スーパーに行くとむね肉が結構高い!日本の2倍くらいするかもしれません。簡単に言うと、日本のもも肉とむね肉の値段が逆になったような感じでしょうか。

イギリスはもも肉大好きな人には天国です。

3.いわゆるイギリス英語の「カーン」の意味は?

ちょっと知っている人なら、イギリス英語と言えば?「アイカーン」を思い浮かべる人が多い気がしますが、この点多くの日本人が「can」が「カーン」であると勘違いしています。

「カーン」は「Can't」の時のみです。「Can」という時には普通に「キャン」です。お間違えなきように

4.日本人男性でもチャンスは大いにある

日本人女性は欧米人にモテるとよく言われますが、往々にして合ってると思います。一方日本人男性はというと一切モテないって思ってる人、結構多いですよね。でもそれ、間違ってます!経験者の僕が言うので間違いないです。では何故間違っているのか?それはアジア人が大好きなイギリス人が相当数いる!からです。

だから逆に言うと照準さえ絞れば日本人にも十分に可能性はあります。

アジア人大好きなイギリス人なら、逆に日本人男性はモテモテです。

5.サッカーが嫌いなイギリス人

イギリスと言えば何?と聞かれたら「サッカー」と答える人は多いのではないのでしょうか。イギリス人はあたかもみんな超サッカー大好きのような感じ、多少はありますよね。確かにサッカーはどこの飲み屋に行っても観れますし、マンUなどの強豪を有するイギリスはサッカー強いですよね。

でも、実はサッカーに興味ない人もたくさんいます。というか興味ない人の方が多いようにさえ感じるくらいです。

サッカー熱は日本とそんな変わらないのです。

6.UKとGreat Britainの違い

イギリスと言うとUKとかGreat Britainという英語を連想される方がほとんだと思いますが、UKとGreat Britainは意味が違うの知っていますか?

実は日本語でいう所のイギリスとは、「イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド」の4つの地域を含めた地域の事を指し、こちらは UK となります。

が、Great Britain は日本で言うと本州のようなもので、「北アイルランド以外のイングランド、スコットランド、ウェールズの3つの陸続きの地域」を指します。

混乱しやすい人はとりあえず、イギリス=UKと覚えておけば間違いないです。

7.雨は本当に多い

日本人なら中学生くらいの時に、「イギリスの気候は雨が多い」という教育を受けている人が多いと思いますが、実際本当に雨が多い!

でも実は、日本の様なザーザー雨はほぼ降りません。ほとんどの雨がパラパラ雨とか小雨とかそのレベル。でもそんな雨が一日中ず~っと降り続いたり、断続的に降るのです。だからイギリス人はほとんど傘をさしません。じゃないと四六時中持ち歩かないといけない。イギリス人はみんな「軽い雨くらいなら濡れる方がマシでしょ」くらいな勢いです。

だから、イギリスで傘は基本必要ありません。

8.何故かビリヤードが大好き

ビリヤードというとアメリカ(?)な印象が多少強かったりしますが、イギリスでは本当にビリヤードをよく見ます!昨今の日本でのビリヤード人気とは比にならないくらいです。

ちなみに日本人の連想するビリヤード、英語では billiardとは言わず普通 Pool と言います。泳ぐ「プール」と同じつづりです。

プールしようと言われても、水泳と間違えないように。

9.面白いくらい食器の泡を残す

欧米ではちらほらあるようですこの現象。でも特にイギリス人は。。。

食器洗いをするとき洗剤を使いますよね。そしてその洗剤の泡は当然のようにちゃんと落とします。しっかり落とします。泡がちゃんとなくなるまで。と、これが普通の日本人です。

がしかし!イギリス人が食器を洗った後は、十中八九泡が残っている。。。食器の泡を落とさないのです!これは結構日本人からすると驚愕。

理由はイギリス人に聞いてみて下さい。

10.イギリス英語の方が簡単という大きな誤解

「イギリス英語ってカタカナっぽいよね」「イギリス英語の方が聞くの簡単」という人、多いように思います。

でもそういう方のほとんどは、いわゆる教科書とか英語テキストの「Queens English(クイーンズイングリッシュ」を聞いている人が多い。クイーンズイングリッシュとはその名の通り王室の人や上流階級の人、またはBBCなどのテレビ局で使われるイギリス英語の一種であり、一般人でこの英語を話す人は現在ほとんどいません。

そしてイギリスはアメリカ以上に方言が多い国と言われています。特に地方に行くと方言が強すぎて英語の聞き取りはとても難しい、というか慣れていないとほぼ不可能レベルです。

どの英語が簡単だとか、基本的には無いと認識しましょう。

そんな英語を毎日話したいけど時間が無い!って方は毎日無料で英会話が出来るスマホアプリ、Chattyをどうぞ↓


いいと思ったらポチっ↓
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Chattyのダウンロード・アップデートはこちらから

英語学習者ならマスト!いつでもネイティブと英会話チャットができる「Chatty」は下のバナーからダウンロードできます!

広告を非表示にする